メーカー保証を利用してエレベーターの保守をお得に行なう

集合住宅

最低限のコストで安全担保

ヘルメット

費用をかけすぎている

エレベータには安全確保が第一の要件となります。そのため、国土交通省管轄になっており、年に一度の定期点検を受けることが義務付けられています。またこれとは別に、技術者による保守点検も行われます。消耗品の交換や、整備や修理などを行う過程です。エレベーターのオーナーは、保守サービスに加入していることが多くなっていますが、安全性を考慮すべく費用をかけすぎているケースも多くなっています。フルメンテンス契約などと呼ばれる一番高価なサービスに加入しているケースが多いのですが、建築基準法で安全性が確保されている事を考慮すると最低限の保証でも十分に安全性は確保することができます。またメーカー保証なども利用する事ができます。

フルメンテナンスはお得か

年数が経過するとエレベーターに使用している各種材料の消耗や摩耗が発生します。しかし定期点検で是正勧告を受けない限り安全に運行することが担保されているのです。そのため、メーカーのいうがままに消耗品として各種部品を交換する必要性はないのです。安全性を考慮してと各種部品を交換しているとそれだけコストがかかります。マンションなどの管理費用はエレベーターのみではありませんので少しでも保守費用の負担を軽くすることで、経費節減にもつながるのです。フルメンテナンスが常識といわれるエレベーターの保守ですが、オーナーが企業の場合には、税制上有利になることも多いのですが、個人オーナーの場合には、POG契約のほうがお得なケースもあります。