メーカー保証を利用してエレベーターの保守をお得に行なう

作業員

最低限のコストで安全担保

ヘルメット

エレベーターの保守にコストをかけすぎているケースが多くなっています。メーカー保証などと組み合わせるとそんなに経費をかけなくても安全性を担保することはできます。フルメンテナンスは法人オーナーの場合には、税金上お得なケースもあります。

コストを比較して契約

エレベーター

リスク回避も考慮

マンション管理にはさまざまなコストがかかります。エレベーターの保守点検作業もその一つです。マンション設置のエレベーターの保守費用は大きさなどによって異なることは少なく、一機あたりの費用で算出されることが多くなっています。そのため保守内容を変更することでその費用を節約することができます。しかしエレベーターは安全に利用できることが第一の条件です。そのため、コスト比較だけで決定すると思わぬ人身事故などが生じることがあります。リスク回避するための費用として割り切る事も大事なのです。保守契約には二種類あります。一つはフルメンテナンス契約です。これは通常使用において、発生されうる部品の取り換えや、消耗品などの含んだ契約となります。

保証内容を確認

フルメンテナンスはすべての費用が含まれていますので、手間を省くことができます。しかしランニングコストが高いことがデメリットになっています。もう一つの契約方法がPOG契約です。この契約は、消耗品の料金のみ込みになっているサービスでそれ以外の交換や修理などは、別途費用が掛かる契約になっています。ランニングコストを安く抑えることができるメリットはありますが、別途保守費用の計上を行っておくなどの対策も必要になります。エレベーターにもメーカーの二年保証などがあります。そのため、最初からフルメンテナンス契約を行うと無駄になる可能性があります。時期や重複をしないように保守契約を調整することが賢い方法となります。

人気の賃貸経営です

男性

人気となっているマンション経営ですが、借主に快適な生活をしてもらって長く住んでもらうためにも、エレベーターの保守サービスを利用しましょう。保守サービスに入っておけば、万が一の故障にも対応してくれますし、定期的なメンテナンスも行ってくれます。

定期的に行われる

模型

高層マンションにはエレベーターがついています。安心して利用できるように、定期的にメンテナンスを行うことになります。点検日と時間さえ把握しておけば、特に問題はありません。事前に連絡してくれるので、住民は安心して暮らせます。